Quand le vin est tiré, il faut le boire.

せっかく始めたことなら最後まで頑張った方がよいでしょう。

samedi 29 juillet 2017  教員採用試験 一次試験 通過

昨年、2度目の受験で一次試験を通過した教員採用試験ですが、今年も何とか一次試験は通過しました。

 

昨年は、社会人選考で受験し、一次では教科専門(高校公民)と論文、小面接がありましたが、今年は小面接がなくなり、純粋に一次は教科専門・論文というペーパーだけでした。

 

何もかも初めてだった昨年の二次試験は、緊張しました。模擬授業(導入部10分)と個人面接が当日にあり、一次で書いた論文も評価対象になるという仕組みでした。

 

模擬授業は、授業後の集団討議も合わせたもので、出来はボチボチでした。個人面接は最初に緊張していましたが自分なりの応対ができ、それなりに手応えはありました。

 

ところが・・・。蓋を開けてみると、下のような散々な結果でした。

 

 平成28年試験結果

 個人面接 基準点/満点:90/200(45.0%)    86.3/200(43.2%)

 模擬授業 基準点/満点:24/60(40.0%)     29.3/60(48.8%)

 論 文  基準点/満点:10/40(25.0%)     15/40(37.5%)

 合 計  合格最低点/満点:174.0/300(58.0%) 130.6/300(43.5%)

 

個人面接が基準点を下回っていたので、合計云々ではないのですが、軒並み低い点数でした・・・。

 

今年(平成29年)の一次試験(高校公民)の結果は次のとおりでした。

 募集人員 10名

 一般選考 81名、教職経験者 19名、社会人経験者 11名  計 111名

 一次合格 29名

 一般選考 20名、教職経験者 5名、社会人経験者 4名  計 29名

なお、教科専門の合格最低点は、54点/100点でした。ちなみ自己採点では、58点でした。

 

二次は、8月中旬。昨年は社会人枠では3名中1名の最終合格でしたので、今年もそんな感じになりそう。とにかく、頑張って合格を勝ち取りたいです。